テーマ株チェッカーで2021年の狙い目な半導体のテーマ株の銘柄を見つけよう!

半導体テーマ株のメリット・デメリットとは?

半導体テーマ株とは?

メリット・デメリット

半導体テーマ株について解説する前に、半導体やテーマ株などのワードについて軽く説明していきます。まずテーマ株というのは、「何かしらの材料に関連する企業の銘柄」を指す言葉です。

一方で半導体というのは、家電や自動車など生活に必要なあらゆる製品に使用されている材料のこと。つまり、「半導体に関係している企業の株」をまとめて、”半導体テーマ株”と呼んでいるのです。

半導体テーマ株に投資するメリット

半導体テーマ株に投資するメリットとしてまず挙げられるのが、「安定した利益が得られる」という点です。半導体というのは、我々の生活には欠かせない材料であり、例えばパソコンやスマートフォンなどの端末にも使用されています。

半導体はコロナ禍におけるICT・IoTの発達でも需要が増加している上、5G通信の拡大において重要な役割を担っている材料です。つまり、半導体は現代において「常に価値のある材料」だと言えます。

その半導体材料を取り扱う企業も売り上げが安定しているため、半導体テーマ株に投資すれば安定した利益・配当金が期待できるというわけです。半導体自体が常に需要が高いことから、関連企業の株価が著しく上昇することはあまりないですが、逆に急落することもほとんどなく、安定して利益が狙えるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

また、仮想通貨マイニングのブームやスマートフォン機器の発達など、株価が上下するタイミングがわかりやすいのも半導体テーマ株のメリットです。特に、半導体テーマ株はIT関連の事業や取り組みに合わせて株価が変動する傾向にあるため、いつ売買すべきかといったタイミングも掴みやすく、株取引などで利益を得ることも難しくありません。

これから先の未来においても半導体の需要が高まる可能性は高いので、まずは半導体テーマ株を保有して様子を見てみるのも良いでしょう。

半導体テーマ株に投資するデメリット

半導体テーマ株に投資するデメリットは、「爆発的な利益を狙うのが難しい」というところです。前述したように、半導体テーマ株は株価が安定している傾向にあり、株価が急落することがなく、著しく上昇することもほとんどありません。

つまり、「株価の低いうちに株を買って、数倍以上の価値になったら売る」といった投資方法をするのが困難ということです。一攫千金を狙って投資をしている方にとっては、半導体テーマ株はあまり適していないと言えるでしょう。

ただし、世界的な半導体不足など株価が急騰するタイミングもあるため、タイミングをしっかり見計らっておけば、爆発的な利益を得ることも可能です。